HOME キャッツクロウ リウマチ 腰痛 膝痛 通販 アンデス健康ハポン
無料サンプル キャッツクロウ リウマチ 腰痛 膝痛 通販 アンデス健康ハポン
キャッツクロウ リウマチ 腰痛 膝痛 通販 アンデス健康ハポン
キャッツクロウとは
キャッツクロウの特徴
安全性について
成分案内
原料紹介

Shopping キャッツクロウ リウマチ 腰痛 膝痛 通販 アンデス健康ハポン
キャッツクロウ
通販法表記

アンデス健康ハポン キャッツクロウ リウマチ 腰痛 膝痛 通販
代表者挨拶
キャッツクロウへの思い
会社概要
お問い合わせ

Information キャッツクロウ リウマチ 腰痛 膝痛 通販 アンデス健康ハポン
無料サンプル申込み
リンク集

キャッツクロウの特徴

キャッツクロウに含まれる成分の相乗作用で、より強い力を発揮する

万能薬のようにいわれるキャッツクロウの中心的な働きをなす活性成分は、オキシインドール・
アルカロイドです。この中にはイソテロポデインとリンコフィリンがあります。
こちらが食細胞などの免疫システムを促進すると考えられています。
この他にもポリフェノールやトリテルピン、植物ステロイドのベータ・ステロール、スティグマステ
ロールなどが発見されています。

こうした成分がフルに活動して有効性が指摘されている疾患は、リウマチ性関節炎、エイズ、アレルギー
疾患、皮膚疾患、胃潰瘍などの胃腸疾患、ガンや普通の怪我などにも効果が見られといわれています。

専門家は成分は単独で働くより相乗作用によってより強い力を発揮すると見ています。

このようなさまざまな疾患に対する有効性を調べる研究はかなり多く行われています。
たとえば、Alimentary Pharmacology and Therapeutics誌に掲載されたAlbany Medical College
研究者グループでは、炎症を抑えるキャッツクロウの抗酸化作用を調べています。
実験動物を使った研究によると、キャッツクロウには、NK-FBと呼ばれる炎症に関連性のある物質の
活性化を抑え、酸化ストレスによる細胞の炎症を著しく抑えたということです。

また慢性の腸炎を起こしたラットにただの水を与えたものに対して、キャッツクロウ5mg/mlを水に
混ぜ合わせたものを与えたグループは腸の状態がほぼ正常に戻ったことがわかりました。


キャッツクロウに含まれている成分には高い免疫促進作用があると言われています

キャッツクロウは腸の洗浄を行い、解毒の働きをすることも確認されています。
さらに腸の病気については、Brent Davis博士が1988年から92年にかけて、腸透過(Leaky Gut Syndrome)
患者150人にキャッツクロウを与えたところ、腸が洗浄され、これまでにない回復を示しました。
腸を洗浄することで、腸壁からの栄養素吸収が促進されたのです。
ペルーではキャッツクロウはWarm Plant に分類され、関節炎や喘息のような炎症、
つまり熱を発生する疾患治療に効果をあげると考えられています。


免疫システムの促進作用も注目されています。活性成分のアルカロイドが、侵入してきた異物や、
有害微生物を食べる白血球の力を強めると考えられています。オーストリアのケプリンガー博士は
研究室での実験でオキシインドール・アルカロイドが食細胞の力を高めたことを明らかにしています。

その中でももっとも有効性の高かったアルカロイドは、イソテロポデインあるいはイソマーAです。
この他、キャッツクロウは、白血球やT4リンパ球の生成を増大させます。
Donna Schwontkowski研究者によると、アマゾンに生育する植物はどれも高い免疫促進作用を示すと
報告しています。

研究室で行った実験でも、エイズ患者の皮膚炎感染を防ぎ、また皮膚にできた腫瘍の大きさを縮小した
ことが確認されています。


脳卒中や心臓発作、アルツハイマー予防にも有効と言われています

さらにその有効性が確認されているのは、血小板の活性を抑え、サラサラの血液を作ることです。
これによって、脳卒中や心臓発作を防ぐことができると考えられています。
Shanghai College of Traditional Chinese Medicineで行われた研究では、キャッツクロウに含まれる
リンコフィリンが動脈壁に溜まるプラークや凝血を減らし、血圧をさげる働きを認めています。


またNatural Foods Merchandiser1999年7月号に掲載された研究によると、
キャッツクロウはアルツハイマー疾患によるダメージを緩和することが発表されています。

ワシントン大学グループの行った研究では、キャッツクロウとギンコビロバやローズメリー、
ゴッツコーラといった他のハーブとミックスしたものをラットに与えたところ、脳内のプロテイン・プラーク蓄積を
抑制したことが明らかになった。
アルツハイマー患者の脳にはプロテイン・クラークが異常に蓄積するといいます。

またPhytomedicine 2000年4月に掲載されたIn Vitro 研究では、キャッツクロウのエキス(C-Med-100)を
ラットに与えたところ、腫瘍細胞のアポプトシスを誘発し増殖を抑えました。
DNAの修復を促進し、白血球も増大しました。

キャッツクロウは現在、錠剤やチンク剤、カプセル、シロップなどいろいろの形があるが、
チンク剤ならば1〜2mlを1日2回まで、カプセル剤では、300〜500mgを1日1〜2回摂ることがすすめられています。

1997年に行われた毒性検査では、あらゆる服用量で毒性はないと判断されました。

ネット限定 キャッツクロウ

ライン

COPYRIGHT(C)2009 アンデス健康ハポン ALL RIGHTS RESERVED.
Catch: Mon Jun 17 06:47:51 2019
[jcode.pl:684:warn] defined(%hash) is deprecated at ./pl/jcode.pl line 684.
[jcode.pl:684:warn] (Maybe you should just omit the defined()?)
[jcode.pl:693:warn] defined(%hash) is deprecated at ./pl/jcode.pl line 693.
[jcode.pl:693:warn] (Maybe you should just omit the defined()?)

siteup.cgi with Perl 5.016003 for linux